どこよりも負けない。 車の全ての知識を授けます。

輸入車を購入する上での注意点

輸入車はとてもリスクがあるということをご存知でしょうか?
なんの前触れもなく突然壊れたりします。
普段、品質の高い日本製品に囲まれている私たちにとっては、
あまりの突然の故障に驚く方もいる方と思います。

いい輸入車があった。
試乗してみても調子は抜群。
しかし購入して1週間。なんお前触れも無くエンジンの調子がおかしい。
そしてエンジンの交換、または買い替えを余儀なくされる。

そんなことが普通に起こりえるのが輸入車です。
なので輸入車は金銭に余裕をもって購入するのが必要不可欠となってきます。
つまり無理して高い車を買わない。
ということですね。

近年ではネットも盛んになってきておりまして、
ネットで安い車を探して購入する。
というケースが多いです。

もちろん遠方の車屋ですので、現車確認は不可能。
おまけに故障しても遠いのでそうそういけず保障も適用することができない。
なんてことも起こります。

ネットで輸入車を購入するなんて論外です。
もちろん、現車を確認でき、万が一故障したとしても容易に持ち込みができる
距離に車屋があるのならまだしも、
県外から輸入車を購入するなんてリスクがありすぎです。

輸入車を購入するのはディーラーがおすすめです。
保障も2年間つけることができますし、
全国のディーラーで修理可能ですので、
あまりリスクはありません。ただ、普通よりも高いですが・・・

このように輸入車は色々とリスクがありますので、
初めて輸入車を購入する!という方は気をつけてくださいね。

カーカテゴリ

業者カーオークションの仕入れ価格について

業者カーオークションとは、一般人が参加できず、
資格を持った人だけが参加できる業者用のカーオークションです。
車屋の店頭に並べられている車はほとんど全て、
この業者カーオークションで仕入れたものです。

お客さんから下取りした車を店頭に並べる。
ということはほとんどありません。
かなりいい状態の車だとそういうこともありますが、
基本的には業者カーオークションで仕入れています。

で、近年業者カーオークション代行というのがありまして、
仕入れ価格で購入できるので、利用する方が増えています。
というのは前回の記事でもお話したと思いますが、
この仕入れ価格、本当に安いのか?

ということに関してお話したいと思います。

まず、業者カーオークションはお客さんからの下取り車や買取車が流れてきます。
つまり、その下取りした価格や買取した価格よりも高く落札されないと
意味がありませんよね。

しかも落札した場合、諸経費や陸送費などもかかり、
場合によっては店頭価格より高くなってしまう・・・
ということも実際にはありえるのです。

なので、仕入れ価格で落札できるからこっちの方が安い。
というようにはならないのですね。

つまり。利用する上で市場価格を把握しておくことが大事ってわけです。
なんで仕入れだから安い。という理由で利用するのではなく、
市場価格よりも遥かに安いから落札する。
このような感じで利用すれば損をすることはないでしょう。

車買取ならこちらのサイトがおすすめ!
オデッセイ 買取
ベンツ買取

燃費をよくする運転方法をご紹介!

近年エコカーが流行していますが、
本来の燃費性能を引き出せている方って極僅かだと思うんです。
ですので、燃費向上走行方法についていくつかご紹介したいと思います。

まずは昔から言われている暖気運転。
これは結構重要ですね。
暖気運転をしないと車に大きな負荷を与えてしまいます。
あなたが眠い状態の時、いきなりたたき起こされて全力で走ってみろ。
といわれてもあなた本来のベストなパフォーマンスなんか出せませんよね?
それに準備運動もしていないので、体に過剰な負荷を与えることとなり、
ケガをしたりしてしまいます。

車もそれと同じなんです。
エンジンをかけて間もないときはいわば、寝起きの状態です。
エンジンをかけてちょっとおき、エンジンをあたためること、これは準備体操に
あてはまります。

暖機運転は燃費向上で必須ですので、覚えておくようにしましょう。

次に急発進、急ブレーキ。
これも燃費、車の寿命に大きな影響を与えてしまいます。

あなたが全力で走ったあとに、いきなりビタっと止まるとどうなりますか?
体に大きな負荷を与えてしまいますよね?
それにスポーツをやっていた人なら良く分かると思いますが、
全力で走っていきなり止まるとすごい疲れるんです。
逆に体力を使うんですよね。

車をこれと同じことがいえます。
急発進、急ブレーキは車に負荷を与えるだけではなく、
それだけエネルギーを使うことになりますので、
燃費も悪くなるんです。

今回はこの2点だけですが、これを改善するだけでも燃費は大きく変わります。
意識するようにしましょう!

車と言えばこちらのサイト!非常にいいことが掲載されているので、見て見てください。
http://xn--cnq84jhcu020a3fc.asia/

http://crown-kaitori.info/

車の下取り

車の下取りの査定の場合に、事故車とみなされると、現実的に査定の価格が降下します。お客さんに売るその時にも事故歴が特記され、同じ車種、同じレベルの同じタイプの車両よりも割安な値段で売買されます。
現代ではインターネットの中古車一括査定サービスで容易に買取における査定額の一括比較が実施できます。一括査定サイトなら容易に、お手持ちの車が幾らぐらいの金額で高額買取してもらえるか判断可能になります。
車検切れの中古車であろうと車検証を携えて立会いに臨みましょう。ついでに申しますとよくある出張買取査定は料金不要です。取引が成り立たなかったとしても、出張料などを督促されることはありませんので心配しないで大丈夫です。
新車専門業者からすれば、下取りで獲得した車を売って更に利益を出すこともできるし、その上さらに次の新車も自店で絶対購入してくれるので、甚だしく歓迎される商売なのです。
是が非でも足がかりにインターネットを使った中古車一括査定サイトなどで査定してもらうとベストでしょう。サービス料は、もし出張査定があったとしてもまず無料のことが多いので、遠慮なく活用してみて下さい。

新車販売ショップにおいても、どの会社も決算の季節として3月の販売に気合を入れるので、土日や休みの日ともなれば車を買いたいお客さまで満員です。中古車査定ショップもこの時分にはいきなり混雑するようです。
車買取のかんたんネット査定は、中古車買取業者が競争して見積もりを行うという車を売り払いたい人にとって究極の環境設定が行われています。こうした環境を素人が作ろうとすると、間違いなく苦労します。
目一杯自分が納得する値段でご自宅の車を売りたいとしたら、予想通り様々なインターネットの中古車査定サービスで見積もりを査定してもらい、照らし合わせてみる事が必須でしょう。
中古車の「下取り」というものは他所の店との対比をすることは難しいので、仮に提示された見積もり額が他ショップより低額だとしても、本人が査定金額を知らないのならば察することすら困難なのです。
海外からの輸入車をなるべく高値で売却したい時は、たくさんのインターネットの車買取一括査定サイトと輸入車専門の買取店の査定サイトを両方で検索して、最も高い金額の査定を付けてくれるショップを発掘するのが重要なポイントです。

10年以上経過している車なんて日本国内では売る事は難しいでしょうが、海外地域に販路を確保している中古車専門業者であれば、およその相場価格よりも少し高い値段で買取しても損を出さないで済むのです。
中古車ディーラーでは、車買取専門業者に対立する為に、ペーパー上は査定額を高めに見せておいて、実際のところは割引分を減らしているといった偽りの数字によってよく分からなくするパターンが段々増えているようです。
市場価格というものは毎日流動的なものですが、複数の専門業者から見積もりを出して貰うことによって相場の概略が理解できます。あなたの車を売るというだけであれば、このくらいの認識があれば間に合います。
尽力してどんどん査定を出してもらって、一番メリットの多い中古車販売業者を探すことが、中古車の売却をうまく進める為の最善のやり方でしょう。
殆どのオンライン中古車買取一括査定サイトというものは、ネット上で好きな時に申し込むことができて、メールを使って買取の見積金額を提示してもらえます。それにより、お店まで車で行って見積書を貰う時みたいなごたごた等ももう要らないのです。

バッテリーの寿命

バッテリーは一般的に2~3年の寿命と言われています。
しかし、上記で挙げた数値は予防交換の目安として言われています。

バッテリー寿命の前触れ

バッテリーの寿命は前触れが確認しずらいので、予防的に交換していなければ、
ある日突然エンジンがかからない場合も多々あります。

バッテリーは車を走らせて充電するものとお考えの人もいますが、
今の自動車は余計な機能が多彩ですので、バッテリーの充電もなかなかされません。

使った分充電することすかできず、ずっと平均のままと考えてもいいでしょう。

ですので、バッテリーはもちろん定期交換部品となります。
一度バッテリーが上がったら、再度充電してもその後何度も落ちやすくなってしまいます。

周囲にすぐに助けてもらえる環境が思い浮かばない場合は、冒頭の数値を目安に定期的に交換するようにしましょう。

交換時期の目安

一番わかり易い交換時期の目安は、エンジン始動時のセルモーターの回転です。
セルを回す、またはスタートスイッチを押しても中々エンジンが始動しない、かかりが悪くなった。
と感じたらすぐに交換するようにしましょう。

何度もいいますがバッテリーは一度あがると大変面倒ですので、
予防的に交換することを心がけてください。

バッテリーを交換しても改善されない場合は、他の機関に異常があります。
その場合は車を売却することも検討する必要がでてきますね。
下記サイトを参考にしてください。
>>ランドクルーザー 買取

車サイトリンク
ヴォクシー買取